排水管の水漏れに関する豆知識

排水管の水漏れに関する豆知識 排水管は、家庭で出た排水を下水道へと流す役割をしています。普段の生活では意識することが少ないかもしれませんが、家庭で水道を使う際に欠かすことのできない重要な設備です。
この排水管が不具合を起こし、水漏れトラブルへと発展するケースがあり、こうなると修理が必要になります。前もって知識を身につけておくと、水漏れを事前に予防して大きなトラブルを回避できるだけでなく、急な水漏れが起きたとしても慌てずに済みます。家の排水管が通っている場所や、水漏れが起きる前兆と考えられる現象について知っておきましょう。また、未然に防ぐための予防法についても記載していますので、普段の生活で実践するよう心がけてみてください。

■排水管のある場所

家庭で出る排水は、次の3つが挙げられます。トイレの排水である汚水、浴室やキッチンなどの設備から出る排水である雑排水、そして家の屋根や敷地内に降った雨水です。
排水管は洗面台の下や洗濯機のところなど、普段家の中で目にする場所から、目に見えない下水道に通じています。リビングの下を通って下水道に接続していることもあります。さらに、他人の家の下を通っている場合もあります。反対に他人の家のものが自分の家の下を通っている可能性もあります。建物や土地の事情でそうせざるを得ないケースでは、たいていの場合住宅の購入時に事前の説明があるはずです。
このように、さまざまなところに通っている排水管は、できるだけ水漏れトラブルが起きないように気を付けなければなりません。万が一発生すれば、床下や思ってもみないような場所で排水が漏れたり、ご近所トラブルになったりする恐れがあります。

■水漏れの前兆とは
分かりやすい前兆として挙げられるのは、水が流れる際の音の変化です。トイレを流した際に普段よりも大きな音がする、水道を使うと別の部屋からゴボゴボと流れる水の音が聞こえてくるといった兆候がみられる場合は要注意です。
以前は水がスムーズに流れていたのに、最近水はけが悪いと感じたら、パイプのつまりが起きているかもしれません。パイプがつまると、やがて接続部分の隙間から水漏れが発生します。
庭の木の根が排水管と接触してないかについてもチェックしてみてください。木の根が圧迫していると、破損の原因となります。
これらの前兆を見過ごしてしまうと、床が水浸しになるような大惨事に発展する可能性も考えられます。少しでもおかしいなと思ったら、放置するのではなく早めの対処が先決です。早いうちに修理業者に電話して点検してもらいましょう。

■予防法を実践しよう

自宅の排水管を10年から15年以上一度も交換せずに使っていると、経年劣化している可能性があります。古い物はもろくなっていて、ある日突然破損するかもしれませんので、修理業者に劣化の具合を確認してもらいましょう。
また、冬場は寒冷地でなくとも凍結し、破裂するリスクがあります。外気温がマイナス4℃以下になる日や、日陰や風の強く当たる場所に屋外の排水管がある家は注意しましょう。天気予報を見て寒波が来るとわかったら、前の日に新聞紙やタオルを巻いておくなどの凍結の対策を行いましょう。
週に一度は掃除をして内部をきれいに保ちましょう。市販のパイプクリーナー剤を使う方法が手軽に実践できます。キッチンや洗面台であればシンクに40℃から50度のお湯を半分程度ためて、一気に流すだけでもきれいになります。お湯に酸素系漂白剤を溶かしておけば、より効果的です。

■まとめ
マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合で、排水管 水漏れが起こってしまった場合には、水道修理業者に修理を依頼する前に、そのことをいったん大家さんや管理会社に伝えましょう。契約している業者がいれば手配してくれます。自分で業者を呼んでくださいといわれたら、自宅が対応エリアに入っている業者を選んで依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース